ザッポス社へ質問ができるチャンス到来!

突然ですが、日本エンゲージメント協会として代表理事の小屋と佐々木は4月にアメリカ、ラスベガスのザッポス社へ視察してきます。
ザッポス社といえば、1999年にトニー・シェイ氏によって靴の通販ビジネスとして創業され、「新規顧客獲得の43%がクチコミ」「顧客のリピート率75%」などで象徴されるように熱狂的なファンを作ったアメリカが誇る顧客満足追求企業です。
その卓越したカスタマーサービスに驚愕、屈服したアマゾンが2009年に友好的な買収を行ったことでも有名です。
このような企業のエンゲージメントがどのようになっているのか、協会としては非常に興味深い機会となりました!

ザッポス社の企業文化を支える10のコアバリューは次の通りです。
① サービスを通して、WOWを届けよう
② 変化を受け入れ、変化を生み出そう
③ 楽しさとちょっと変なことを創り出そう
④ 間違いを恐れず、創造的で、オープン・マインドでいよう
⑤ 成長と学びを求めよう
⑥ コミュニケーションを通して、オープンで正直な人間関係を育もう
⑦ 前向きなチームをつくり、家族のような気持ちをお互いに持とう
⑧ より少ない投資で、より多くを生み出そう
⑨ 情熱と強い意志を持とう
⑩ 謙虚であろう

コアバリューに共感した人々が「WOW(ワォ!)を生き、WOWを届ける」ことを最優先課題として仕事を楽しみ、取り組んでいる会社がザッポスです。
この企業文化になじまない人は採用しない方針なので、入社はかなりの狭い門です。
さらに、入社後トレーニングが1週間ほど経過した時に、やっぱり文化に合わないということであれば、それまでに費やした時間に対する対価に加えてボーナスとして2000ドルを支払い退職してもらうという徹底ぶりです。

「ティール組織(英治出版)」で紹介されたホラクラシー組織への移行にも取り組んでおり、
今年トニー・シェイ氏はホラクラシー組織への移行を全社員向けに宣言し、賛同できない14%の社員が退職しました。

まさに、WOW(ワォ!)と言わせる経営をしているザッポス社(もはや経営という言葉は当てはまらないのかもしれない。。。)は一体どんな組織なのか?
本を読んだだけでは分からないことが多すぎるので、直接話を聞く機会を得ました。
見学に加えて、1時間じっくり質問をさせてもらう予定です!

今回、せっかくの機会なので皆さんからも質問を募集したいと思います。
「やっぱりザッポスはすごかった!」では終わらせたくないので、少し意地悪な質問でもご遠慮なくお送りください!
※全ての質問に対応できない場合もございます。予めご了承下さいませ。

ここまで文化にこだわるのは宗教じみていて怖い、という声も聞きました。
ザッポス社に採用される人よりされない人の方がまともだと思う。と、いう声もありました…。

そんな思いも質問と言う形で(建設的に)投げかけてみたいと思いますので、
どしどし、質問したい項目をこちらまでお送りください。

帰国後、回答内容を含むレポートを公開します!

ザッポスへ質問したい!と、思った方は以下のフォームよりご連絡下さいませ!
※質問時間が限られているため、全ての方の質問に対応できない場合がございます。
※会員の方からの質問を優先させていただきますので、こちら2点予めご了承下さいませ。
今回、新たに会員になっていただいた方の質問もご優先させていただきます!
この機会に是非、ご入会ご検討くださいませ!